FC2ブログ
日記
またまたドラマの話だが、
今日は下北サンデーズの放送日。

このドラマは、石垣佑磨が出ているので観ている。
彼を知ったのは「ホーリーランド」というストリートファイトを描いた深夜ドラマにて。

このドラマ、無名の俳優ばかりで最初は特に興味がなかったが、
観ている内にのめり込んでしまった。

その後、彼は「夜王」「ジャンクSPORT」と
ゴールデンタイムのドラマ、バラエティに出るようになったが、
どうもホーリーランドで観たイメージとは違ってきているような・・・

ところで下北サンデーズは次週第9話で終わりらしい。
視聴率もあまりよくないようなので、打ち切りになったかな?
ま、このドラマ、ぶっちゃけて言うとあまり面白くない(毒)
スポンサーサイト



日記
先程、普段乗りに使っているセリカを板金屋さんに運んできた。
といってもぶつけたわけではない。
ぶつけられたわけでもない。

こんなことになっていたのだ


なんとボデー側の溶接付けのブラケットが剥がれていた・・・

以前からステアリングの遊びが多くなってきたなぁと思っていたら
とうとう全く曲がれなくなって、覗いてみたらこの状態。
ありえねぇ~!

ラリー車ならまだしも街乗り+雪道ドライブ程度で
足回りにダメージを負った記憶はない。
まぁ、14万キロも走っていると仕方ないのかなぁ。

ちなみに板金屋さんまではJAFに運んでもらったのだが、
作業をしていただいた兄ちゃんのミラクルな計算により
大変リーズナブルなレッカー代でした(笑)
日記
別に自爆しているわけではない。
最近ハマっているドラマである。

このドラマを見始めた理由は至って簡単。
主題歌がEvery Little Thingの新曲「スイミー」だったから。

しかし、いざ観始めるとストーリーとキャラ設定の面白さに
すっかりハマってしまった。
特に主人公信介とかかりつけの女医夏美の独身中年二人による
やりとりは秀逸である。
これからクライマックスに向けての展開は絶対見逃せない!

それにしてもドラマを観ていると
国仲涼子が梨花に見えてしかたない・・・
ラリーの思い出~1996
これから不定期でこれまで参戦したラリーについて書いてみようと思う。
内容は参戦期であるが古い話もあるのでカテゴリラリーの思い出としておこう。


シリーズ :ノンタイトル(大学対抗)
主催   :NUAC
開催地  :愛知県下山村近辺
参加クラス:クラス分け無し
参加車両 :スターレットターボ(EP71)
リザルト :ほぼ最下位くらい/30台弱

このラリーは今から10年前、大学2年の時のことだが、初出場のラリーである。
国立7大学による年に1回の体育大会の1競技として自動車競技の部もあり、
このときはジムカーナとラリーの2種目であった。

主催は名古屋大学で、愛知県の三河地方での開催。
当時はここが社会人になってからの活動エリアになるとは思っていなかったが、
まぁこれも何かの縁だったか?


このラリーに参加するためにNvをやってもらう無理やりやってもらった同期の友人と
Bライを取ったという素人コンビであった。

そしてラリーの方はというと、学生イベントらしい計算問題あり、ハイアベありと盛り沢山の内容。
当然素人コンビではまともに進むわけが無く、
 ・「レスコン」を知らなくてあわや大先行
 ・ナビが車酔いのため、ドラが電卓を叩く
 ・距離取りの問題で4桁の減点を・・・
など、波瀾万丈な展開だったorz
でもハイアベは楽しかったな。(たぶんDrだけ)

しかし、このコンビが数年後には全日本ラリーでSSベストタイムを
叩き出したのだから、世の中わからないものである。

ラリー
昨晩、とあるダート林道に行ったのだが、
どうも車の動きがおかしい。

先々週に山梨で合宿に行ったときと同じ仕様のはずだが、
ステアリング操作に対する応答性が悪くなっている。
しかもその悪さにもコーナーによってバラツキがあるようだ。
その場ではタイヤのエア圧を少し変えてみたが、
特に状況は変わらず。

先週、ガレ場を通ったときに下廻りに少しダメージを負ったが、
分かる範囲のトラブルは解消したはず。

思い当たる節としてはアライメント不良で、
これは行き帰りの舗装の移動でも感じていたことなのだが、
いざトーを測定してみると、狙い通り。
ってことは、自分の感覚がおかしいのかorz

一体何が悪いんだろう?
トーが合っているということは、
操舵系のコンプライアンスに問題がありそう
なので
その辺を徹底的に調べてみるかな?

こんな状態だったので、まともに走ることは出来ず。
でも、ラリードライバーたるもの、
多少の問題を抱えてみても、最小限のロスで走ることが出来なければ!

あ~、「タイヤが4つ付いていればOK」の
ドクター・ウーってすごいんだなぁ。
日記
昼過ぎに、四国にいる小学生以来の友人からメールが
「今日明日は仕事?」
???
一瞬メールの宛先間違えたか?と思ったが、
どうやら京都まで用事で来たので
ついでに愛知まで足を伸ばしてトヨタ博物館に行きたいとのこと。
とりあえず「名古屋ICを降りて長久手方面に向かえば着くよ」
と伝えて現地集合することに。

しかし名古屋ICを降りてからミスコースしてしまったようだ。
どうやら名古屋市内に向かったらしい。
とりあえず「来た道を逆に戻って」と伝える。

そうしたらしばらくして
「なんか稲沢というところにいるんだけど、どう行けばいい?」
と連絡が。
稲沢???ミスコースしすぎ!
っていうかメチャクチャ速くねぇ?
さすがインプレッサ?

頭の中を「?」マークが渦巻いていたが
どうやら一宮ICで降りてしまったようだ。
確かに一宮ICには同じサイズで「名古屋」とも書いてあるよなぁ・・・

まぁ、こうなってしまったのは仕方ないのだが、
ナビ無し、地図無し、土地勘無しの友人に
稲沢から長久手までの道のりをどうやって伝えるべきか?
そもそも自分も余り詳しい方ではない・・・
「もう一回高速に乗って」
というのもかわいそうなので、なんとか長久手を目指してもらう。

で、結局トヨタ博物館に着いたのは閉館30分前。
なんとか駆け足で回ることが出来ました。

それにしても、「携帯電話があってよかったなぁ」と
改めて思った一日でした。
ラリー
さて今日は趣味、、というよりほぼライフワークであるラリーについて。
このblogのタイトルの車はラリーで使っているいたレビンである。
(残念ながらこの写真が撮られた数時間後に天に召してしまったが・・)
ここ数年は全日本選手権にドライバーとして参戦し、
ようやくクラス優勝できるところまで来たのであるが、
ここでラリーとの出会いについて振り返ってみる。

そもそもラリーに興味を持ったきっかけは中学生の時に
NHK-BSで放送されていたラリー番組で
この車が走る姿を観てからである。
st185

生まれた時から車好きで、ラリーカーというものは知っていたが、
とにかくこのセリカGT-FOURには強い感銘を受けたものである。

当時は遠い世界の話であり、まさか自分がラリーをやるなんて
思ってもいなかった。
がしかし、大学入学と同時に入部した自動車部で運命が変わる。
もともと自動車部に入部した理由は
「とりえあず車に触れていたい」
だったのだが、部の活動はジムカーナ、ダートラ、ラリーといった
自分の車で出来るモータースポーツであった。
「おぉ、自分でもラリーが出来るんだ」
ここからが平凡な暮らしでは味わえないラリー人生のスタートである。
日記
この度blogを始めることにしたのだが、
理由は至って簡単。周りに影響されたからである。
これまでHPを持つこともなく、日記なんてものも
小学生以来書いたことがない。
でも、せっかくこんな便利な物があるのだから
誰に宛てるわけでもなく日々思うことを書き殴ろうと
思った次第である。

さて、記念すべき第1回は今後ろで流れているaikoについて
プロフィールの好きな音楽にELTと書いてあるじゃないか!
という細かいツッコミはさておいて・・・

昨日8/23はaikoの7枚目のアルバム「彼女」の発売日だった。
早速手にしているわけであるが、
このアルバムは14曲も収録されており盛り沢山(お買い得?)
いわゆるaiko節の心染み入るメロディーが全編に渡って展開され、
心落ち着くひとときを過ごすには最適である。
aiko_kanojo

もっとも、これから一番良く聴くであろうシチュエーションは
異音騒音よりどりみどりのラリー車の中であるのだがorz