FC2ブログ
ラリー

昨日久しぶりに更新したので、その勢いで今更ですがタイヤについて書いてみます。
今年の全日本ラリーの一番の変化点はタイヤに関するレギュレーション変更。
通称Sタイヤが使えなくなりました。
これに呼応するように横浜ゴムからデビューしたのがA052!

詳しい説明は上記公式Webサイトの説明に譲りますが、
個人的にうれしさを感じたのは豊富なサイズ設定。

昨年までのSタイヤ(A050)では、86で勝負する為のサイズは225/45R17のみ。
しかし、A052は45扁平の17インチだけでも
205/215/225/235と4サイズも設定があります。

先週のラリーハイランドマスターズではこのうち215と225を使い分けました。
外観を比較すると、幅だけでなく外径もだいぶ違いますね。(左が215右が225)
 
幅を広げて横のグリップを確保するのか、径を下げて加速性能を確保するのか、
コースやドライビングスタイルでも使い分けの作戦ができそうです。

そしてもう一つ重要なのはホイールの制約。
ラリーではレギュレーションで最大ホイールサイズが決まっています。
86の排気量は1998ccなので、2リッター未満の外径16インチ、リム幅7インチが適用されます。
ただし、カタログの設定は外径17インチ、リム幅7インチなので、17インチが使えるんですね。
ちなみに、TRDから14R-60という限定車が発売されたとき、
この車には外径18インチ、リム幅7.5インチが設定されていたので、
7.5インチが使える♪とぬか喜びしました。
そう、14R-60の車両型式は「ZN6」で同じなのですが、持ち込み登録の車両。
レギュレーションによると同一型式の定義に「JAF登録 車両規定第2条2による車両は除く」
と書いてあるのでダメなんですね・・・残念

もしや兄弟車のBRZはリム幅7.5インチの設定があるのでは?
と思い調べてみたら、あちらも設定があるのは持ち込み登録の車両のみでした。
ちょっと安心(笑)

話を戻して、215と225では適正リム幅が違います。
215は7インチ、225は7.5インチですね。
ということは86で使えるホイールは225には少し狭いんですね・・・
これもタイヤ寸法以外のサイズ選定要因の一つになってしまいます。

<補足>ジムカーナはレギュレーションで縛られているのはタイヤサイズだけなので、
 225のタイヤを7.5インチのホイールに組んでいるらしい。羨ましいです。


というわけで、再来週の新城ラリーではどちらのサイズを選択するのか?
興味ある方は現地でご確認ください(笑)。
スポンサーサイト



ラリー
えっと・・・完全にこのblogをほったらかしにしてましたね。
ということで、久々の更新は先週のラリーハイランドマスターズのインカ―動画です。
散々悩み続けた1戦の最終SS。
ようやく気持ち良い走りが出来たかな?というところですが、
根本的に何か問題があるようと思っております。それは何かな?・・・

さて、お楽しみください。