FC2ブログ
日記
2007.07.15 バージョンUP
今週末は台風が近づいていたので、
家に籠もってパソコンのバージョンUPをする事にした。

前回のバージョンUPは4年前。
しかも当時の最後端くらいの仕様にしたので
今となってはかなり時代遅れ。

本当は今年の年末にWindowsVistaへの移行と合わせて
バージョンUPする予定だったが、
最近いろいろと動作に不満を感じていたのと、
テレビCMでもよくやっているIntelのデュアルコアCPUの
 ちなみにあのCMのセンスは理解できない
廉価版が発売になったので、
本体だけ先にバージョンUPする事にした。

ちなみにあらかじめ断っておくと、
パソコンにはそれほど詳しくない。
一通りの基礎知識があるくらい。
もしかしたら一番危険なパターンなのかも。

とりあえず雨が強くなる前にパソコンショップに行って買い物。
買ったのはCPUとマザーボードとメモリ。
マザーボードは安さと相性問題を無くすために
一通りオンボードになっているIntel純正品。

早速家に戻って今までの中身と組み替える。
とりあえず今使っているWindowsXPの環境は受け継ぎたかったので
上書きインストールで対応する事にした。

が、ここからが苦戦の始まり。
まず一通り接続して電源を入れるとエラーのアラームが。
どうやら2枚セットで買ってきたメモリの1枚がおかしいようだ。
というわけで、メモリを1枚だけ刺して作業を進める。

BIOSの設定をしていよいよWindowsの上書きインストール。
途中までは問題なく順調に進んでいたのだが、
突然予告無く再起動。
その後少しインストールのステップが戻ったところから
再度インストールが進むのだが、また同じところで再起動。
そんなことを5回くらい繰り返しただろうか?
さすがにおかしいと思い始める。

上書きは無理なのかなぁと思って、
一通り必要なデータのバックアップを取って、
ハードディスクをフォーマットしてクリーンインストールを始める。
が・・・また同じところで勝手に再起動orz

やり方がどこかおかしいのかなぁと思い、
試しに本体の仕様を元通りに戻してインストール作業をしてみたら、
全く問題なくインストールできた。

作業中、てんやわんや状態の図。


でも、もう一度新しい仕様でやると同じく勝手に再起動。
試しに別のハードディスクを使ってみたが
全く同じ症状が出てしまう。

とりあえずこの段階で今回購入した部品の何かがおかしいのだろうと思い、
購入したお店に持っていってチェックしてもらう。
結果、どうやらメモリがおかしいらしいということで、
初期不良があったものも含めて、2枚とも交換してもらった。

さ、これでもう大丈夫だろう。
意気揚々とインストール作業をしてみたが、
やっぱり同じところで勝手に再起動orz

結局本体もろともお店に持ち込んで調べてもらうことにした。
店にとっては面倒な客だろうなぁ。
パソコンの自作なんて普通自己責任でやるものだからなぁ・・・

これまで何度かパソコンの自作をしたことがあったが、
こんなに苦労したのは初めて。
何かやり方か組み合わせが悪いのかなぁ?

でもお店で最初にチェックしたときとの違いは
電源とハードディスクとDVDドライブだけ。
しかも電源とハードディスクは2種類試してみた。
うーん、原因不明・・・

というわけで、パソコンがお預け状態になってしまったので、
とりあえずネット環境だけでも維持するために
レビンのエンジンコンピューターセッティング用に使っている
借り物のノートパソコンをネットにつなげるようにした。
もちろんこのblogもそれで打っている。
 あ、○さん、勝手にネットに繋いじゃいました。
 事後承認ですがお願いしますm(__)m


はやく解決できるといいなぁ・・・
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://rallyborg.blog50.fc2.com/tb.php/294-943faac4