FC2ブログ
ラリー
絶対完走・・・が目標だった東京ラリー。
結果はSS2でコースアウトリタイヤでした・・・

SS1(ManahataYamizo 7.88km)は
勝手に目標にさせてもらっている
北海道のお父さんミラージュに4.5秒負け。
良くは無いけど、今年初のダートSSということを考えると
まぁ悪くもないかな。
 向こうはひむかでひとラリー終えているので

そしてSS2(InugamiSakuradaira 11.56km)
一昨年はここの高速区間で3回転半してリタイヤ。
今年はこの区間は慎重に走り抜けた。

それで安心した訳ではないが、
その先1km程のドンツキ左の手前の右コーナーで
思ったよりアウトにふくらみ、
アクセルONでリカバリーできると思ったら、
全く曲がる気配が無く、
さらにアウト側にはポッカリ大穴が・・・

アウト側にこぼれ落ちながら
正面の何かに当たってストップ。
そのまま左側に落下していきそうな
嫌な雰囲気が漂っていたけど、
なんとかその状態で止まった。

と、思ったら
ちょうどそこはラジオポイントだったらしく、
右の方からオフィシャルが駆け寄ってきた。

そしてふと左を見ると、
助手席の窓の向こうには
車の腹が見えるではないか・・・

どうやらその穴には先客がいたらしい
しかも2台も・・・

2台とも仰向けに落ちていたので
三停板を取り出すことが出来なかったらしい。
通りで何もコーションを示すモノが無かった訳だ。

とりあえず三停板を立ててラジオポイントで
後続車が過ぎ去っていくのを眺めていたら、
何台かまたコースアウトしそうになる車が・・・
と思っていたら1台さらに突っ込んできた。

結局このコーナーだけで4台。
そして、このSSでは合計10台がリタイヤしたらしい。
まさにラリー車の墓場。

外から見ると2台だけど、
ss3_1 080614
さらに下に2台います・・・
SS3_2 080614

それにしても下にすでにリタイヤ車がいたのが不幸中の幸い。
下の車には悪いけど、おかげでひっくり返らずに済んだ。

全車通過してからは車の引き上げ。
SS4で同じコースを使うので、あまり時間はない。
と思っていたら、
ラジオポイント横の採石場からギャラリーに来ていた方が
「イイモノ見せてくれたから引っ張り上げてあげるよ!」
と、なんとユンボを持ってきてくれた。

そして4台を次々と引き上げていった。
あまりの早業に写真を撮るのを忘れていた・・・
まさにユンボ最強。

引き上げてもらったレビンは自走可能に見えたので、
動かしてみようとするとガラガラと音がして進まない。

何だろうと思って下をのぞき込むと、
左側のドライブシャフトのタイヤ側が折れていた。

ん?もしかして折れたのが先?
駆動が掛からなくなったからそのままアウトに流れていった?

進入でふくらんだのは確かだけど、
その後思ったように曲がっていかなかったのも事実。
うーん、今となっては迷宮入り?

経験上、ドライブシャフトはまだ折れないはずだったのだが・・・
ここのところどんどん入力が上がっていたのだろうか?

まぁ、ドライビングミスにしてもマシントラブルにしても
いずれも自分の責任であるので仕方がない。
せっかく初めて組んだナビゲーターには
しっかりペースノードを読んでいただいていたので申し訳ない・・・

とりあえず自分への戒めとして
インカー映像を公開してしまおう。
それにして後から見るとみっともない終わり方だな・・・
mscc2008_ss2
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://rallyborg.blog50.fc2.com/tb.php/511-72055b42