FC2ブログ
日記
2008.08.14 夏の練習会
今年の夏休みは車に関するイベントの予定が特になく、
まぁ、次のラリーに向けた準備を細々と進めていくくらいかなぁと思っていたら、
カナメさんがジムカーナの走行会に参加参加されるという話を聞いたので、
ついでに参加させていただくことにした。

場所は雁が原スキー場。
スキーのオフシーズンには駐車場をジムカーナ場として運営しているらしい。

今回はレビンではなくてMR2で参加することにした。
というのも、レビンでジムカーナ場を走っても
あまり足しにならないだろうし、
タイヤとエンジンの消耗を早めるだけになりそうだから・・・
MR2ならそれを気にすることなく思う存分走ることが出来るだろう。

一緒に現地に向かったのはMR2が5台。

MR2オーナーズクラブみたいでなんかイヤだ・・・
別にMR2好きが集まったわけではなく、
走るのが好きなメンバーが集まったらたまたまMR2だらけだったという訳。

AM8時過ぎに現地に到着すると、
既に走行会主催(?)の方々が準備を始めていた。

ま、走行会と言っても参加台数は15台弱くらいなので
好きなだけ走れそうだ。

しかし最大の難関は“パイロンコース”であること。
ラリーでもたまにパイロンを使ったジムカーナSSがあるけど、
パイロンをテープでつないで絶対にミスコースしないようにしている。

そもそも同じパイロンを最初は右から、次は左からなんて
1つのコースで複数の回り方をする難解なことができるだろうか?・・・

とりあえずコース図とにらめっこして、人が走るのを見て、
ドキドキしながらコースイン。
いざ走り出してみると思ったほど混乱はなく、
それなりに走ることができそうだ。良かった。

コースは1分前後で1速メインの時々2速にいれるくらい。
スラロームあり、180°ターンあり、270°ターンありと
ラリーストにとっては苦手きわまりないコース設定。

MR2で舗装路をまともに走るのはほぼ初めてなので、
車の挙動や走らせ方を掴むことに専念する。

しかし問題はデフが全くと言っていいほど効いていないこと。
悲しくなるくらいイン側のタイヤが空転している・・・
この車には2WAYの機械式LSDが入っているはず。
以前からデフが効いていないらしいことはうすうす気になっていた。
仕方がないので極力空転しないように我慢のアクセル操作。

そしてもう一つの問題はサイドターン。
リヤ駆動車でサイドターンするのなんて、
学生時代に友人の車を借りて数回やったくらい。
確かクラッチを踏まないと行けないんだよな
なんて考えながらやってみるが、全くダメ・・・

仕方ないので出来るだけコーナーRを大きく取って
サイドターン無しで回ることにしたが、
最後の270°ターンだけはどうにもならない。

しかし走行時間も2/3を過ぎるくらいに
もしかしてABSが悪さしている?
と思って試しにABSをキャンセルしてみたら
サイドターンが出来るようになった♪
 最初からキャンセルしておけば良かった・・・

天気の方は、朝方雨がすこしパラついたけどその後は快晴。
と思ったら、12~13時の昼休みの間ににわかにドス黒い雲が空を覆い始め
あっという間に激しい雨が降り始めた。

しかしこれは願ってもないチャンス。
だって、一日にドライとウェットが両方楽しめる。
まさに一粒で二度美味しい感じ。

というわけで、昼からも意気揚々と走り始めるが、
強烈なアンダーステアに悩まされる。

何せリヤタイヤが去年のRE-01Rなのに対して
フロントは7年落ちのGⅢ。
ドライではそこそこ良いバランスでも
ウェットでは劣化したゴムではどうにもならないらしい・・・

ま、アリモノで出来上がっている車なので仕方あるまい。

路面はしばらくウェットだったけど、
雨はすぐに止んでまたも快晴。
さらにみんながどんどん走るのであっという間にドライに。

そしてしばらくドライで走っていたらまた雨が降り出して
ウェットに変貌。

そんなことを2~3度繰り返して17時に走行終了。
腹一杯楽しむことが出来た。

それだけ走ってもタイヤはほとんど減っていない。さすがラジアル。
さらに車にはクーラーが付いているので、待っている間も快適。

こういう楽しみ方は今までになかったので
余計に新鮮だった。
たまにはこういうのもいいかな?
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://rallyborg.blog50.fc2.com/tb.php/532-e8d6194a